• ホーム
  • サイトマップ
  • 会社案内
  • 採用情報

詳細検索

ホーム > 光文社新書 > ウェブはバカと暇人のもの

新書|詳細

ウェブはバカと暇人のもの

ウェブハバカトヒマジンノモノ
2009年4月17日発売
定価(本体760円+税)
ISBN 978-4-334-03502-0
光文社新書
判型:新書判ソフト

オンライン購入

ご購入について

ご意見・ご感想を送る

好評おすすめ本 -同じシリーズから-

ウェブはバカと暇人のもの現場からのネット敗北宣言中川淳一郎/著

私はニュースサイトの編集者をやっている関係で、ネット漬けの日々を送っているが、とにかくネットが気持ち悪い。そこで他人を「死ね」「ゴミ」「クズ」と罵倒しまくる人も気持ち悪いし、「通報しますた」と揚げ足取りばかりする人も気持ち悪いし、アイドルの他愛もないブログが「絶賛キャーキャーコメント」で埋まるのも気持ち悪いし、ミクシィの「今日のランチはカルボナーラ(*^_^*)」みたいなどうでもいい書き込みも気持ち悪い。うんざりだ。
――本書では、「頭の良い人」ではなく、「普通の人」「バカ」がインターネットをどう利用しているのか? リアルな現実を、現場の視点から描写する。

目次

はじめに バカを無視する「ネット万能論」
第1章 ネットのヘビーユーザーは、やはり「暇人」
第2章 現場で学んだ「ネットユーザーとのつきあい方」 
第3章 ネットで流行るのは結局「テレビネタ」
第4章 企業はネットに期待しすぎるな
第5章 ネットはあなたの人生をなにも変えない

著者紹介

中川淳一郎(なかがわじゅんいちろう)
1973年東京都生まれ。編集者・PRプランナー。1997年一橋大学商学部卒業。同年博報堂入社、CC局(コーポレートコミュニケーション局)で企業のPR業務を請け負う。2001年に退社し、しばらく無職となったあと雑誌のライターになり、その後『テレビブロス』編集者になる。企業のPR活動、ライター、雑誌編集などに携わる。現在は編集・執筆業務の他、ネットでの情報発信に関するコンサルティング業務/プランニング業務を行っている。

新書

本の検索

売行きランキング一覧

  • 光文社新書メールマガジン

Page Top

株式会社 光文社